注文住宅を建てる時に気を付けること

注文住宅を建てる時に特に注意しないといけないのが

しっかり建設業者と打ち合わせする事です。

特に家を建てる時にどういう物をどこに置く予定かという事をしっかり決めておかないと

いい加減な事をしてしまうとせっかく家を建てても思ったよりもスペースが狭くて家ができてから家具などを置こうとした時にサイズが合わなくてうまい具合に置けないという事もあるからです。

ですから、建売住宅みたいに最初からこういう感じの家になると分かっていない分

出来上がってから思っていたのとは違っていたというトラブルになりやすいです。

でも、そういうトラブルもしっかり注文住宅を建てる前に打ち合わせしておけば防げるので

まずはしっかりどういう風な家にするか決めるのが大事になってきます。

もし、それを怠ったら思っていたのとは違っていたという事になるので

注意が必要です。実際に我が家もそういう事があってちょっとしたトラブルになったので

注意した方が良いです。

その分自分たちの好きなように建てられる注文住宅は間取りや広さ、クローゼットの数、デットスペースの活用ができるので家づくりが楽しかったです。

どんな家でも住み始めると不満があるようなので、少しのことなら妥協も必要かなと思います。個人的には木の家はぬくもりがあってすごくオススメです。