注文住宅でスイッチの配置で失敗

注文住宅が完成した後には、色々な失敗に気が付くことがあります。間取りに関する失敗例などは、本当に多いです。

それで意外と盲点なのは、スイッチの配置です。照明を操作するスイッチは、できる限り扉に近い場所に設置する方が良いでしょう。

もちろん住宅に居住しますと、入口の扉などを開ける事は多々あるでしょう。それで部屋の中には暗い時には、もちろんスイッチボタンを押すことになります。

ところが注文住宅の設計をする際に、かなり遠い場所にスイッチを配置してしまう事があるのです。それで後悔するケースが、しばしばあります。

扉からかなり離れた場所にスイッチを配置しますと、もちろん扉からやや長い距離を移動しなければなりません。もちろん暗い場所を移動する事になるのです。それは非常に不便である事は、間違いないでしょう。

このような配置に関する失敗例は、意外と多く見られます。スイッチは意外と盲点ですから、気を付けたいものです。